不用品を買い取ってもらいたい!

不用品をぜひ買い取ってもらいたい。そんなときは不用品回収業者へお任せください。きっとあなたの役に立ちます。 - 東京23区内における、行政への不用品回収の頼み方

東京23区内における、行政への不用品回収の頼み方

家で不用品が出た場合、普通にゴミの日に捨てたら「回収できません」というステッカーを張られたことがありませんか?
どうして同じごみでも不用品回収してもらえないのでしょうか。
一般ごみ回収できないごみの種類
東京都で一般ごみとして回収できないごみは「30センチ角以上のゴミ」「テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」「エアコン」「パソコン」「危険物」「生ごみ」「動物の遺体」です。
そのうち、行政に「粗大ごみ」として出せるのは「30センチ角以上のゴミ」です。
粗大ごみの定義
粗大ごみは「30センチ角以上」のものです。細かく分解して「不燃物」「危険物」と分別できるのならば、一般ごみとして出すことができます。
行政における不用品回収方法
東京23区では、インターネットや電話で不用品回収を依頼することができます。壊れていてもまだ使えても料金は一緒。サイズごとに細かい区分があるので、自分で見積もりを出すことができます。値段がわかったら申し込み、引き取り日時を決めます。
引き取り日時が決まったら、コンビニエンスストアや指定の場所で指定金額の「ゴミ処理券」を購入し貼付します。
そして、該当する日に、指定された場所に出すだけでOKです。
どんなに大きくてもベビーベットが300円程度で処分できる市区町村もあり、単純に大きさでは計れないのが難しいところです。
年間回収個数が決められている行政もあるので、大量にある場合は不用品回収業者に頼んだ方が安くなる場合もあります。
上手に行政と業者を使い分けましょう。

関連する記事

ページ上に戻る