不用品を買い取ってもらいたい!

不用品をぜひ買い取ってもらいたい。そんなときは不用品回収業者へお任せください。きっとあなたの役に立ちます。 - 行政と業者、不用品回収はどっちがオトク?

行政と業者、不用品回収はどっちがオトク?

不用品を処分する際、行政に「粗大ごみ」として出すか、業者に「不用品」として回収してもらうか、とても悩みますよね?そこでメリット・デメリットを比較してみました。
行政は不安が少ない
不用品回収業者の中には、「無料引き取り」をしているところが多くあります。無料で引き取り、リサイクル業者に回したり、ダメなものは処分したり適正に運営している業者も多くありますが、中には無料で引き取って必要なものだけリサイクルに出し、残りは不法投棄する悪徳業者もいます。
許可証や認可番号などをしっかり確認すれば優良業者かどうか見極めることはできますが、行政なら何も考えずに「粗大ごみ」として出すことが出来るという利点があります。
「処分」が目的なので費用がかならずかかってしまいますが、料金がはっきりしているのも魅力です。
業者は日時の指定が出来る
行政に処分を頼むには、自分でネット見積もりを出すか、電話で行政の担当者と相談して見積もりを出す必要があります。ネット見積もりは自分の時間で出来ますが、電話は受け付け時間がきまってしまいます。
また、回収も「○曜日の○時~○時の間にここに出してください」と指定されるので、そこまで運ぶ力は人がいない場合や、マンションや出す所が少ない住宅密集地では予定を組んで合わせたり、仕事を休んだりする必要が出てきます。
その点、業者の場合は相談したり、さまざまな業者から選んだりすることができるので、自分の都合のよい時間に頼むことができます。

関連する記事

ページ上に戻る